イメージ画像

准看護師制度廃止の動きは、追い風?

病院の多くはいつも混んでいて、診察のために数時間待つということも珍しくありません。当然のことながら、このような医療現場では慢性的に人手不足の状態であり、これは准看護師の業務でも同じです。

人手不足で仕事が大変なことを理由に看護師の職を離れざるを得ない場合もあり、これがさらに状態悪化に拍車をかける傾向があります。

では看護師の数をもっと増やせばよいのでは?と考えるかもしれませんが、これに反し「准看護師制度廃止」の動きも見られることをご存知でしょうか。

現在約40万人の准看護師が、正看護師とともに医療業界を支えています。しかし、「准看護師は医師や看護師の指導のもとで業務を行う立場であり、いくら経験を積んでも婦長になることができない」といった事情や、資格によって給与の差があるという現状からくる不公平性、ストレスを解消するために、准看護師制度自体の廃止を主張する方が存在します。

実際、既に准看護師養成教育を終了させた自治体や、徐々に補助金を減らすことで養成制度を縮小しているところもあります。 代替措置なく、純粋に准看護師数が減ってしまうだけでは、人員不足により医療現場の機能がストップしてしまうため、日本医師会はこういった動きに反対しています。

准看護師を取り巻くさまざまな事情があり、一概に「廃止か、継続か」と決めることは難しいようですが、働く側から考えてみると、このような動きにより正看護師へのステップアップ支援が手厚くなることが期待され、キャリアプランを見つめ直す機会として、現状を前向きにとらえることも可能なのです。

これから准看護師を目指そうと言う方、正看護師か准看護師のどちらを目指すか迷っている方、現状の職場待遇を改善したいという方、キャリアアップを目指したい方は、看護師のための求人サイトを見てみてください。

それぞれの悩みを解消する手助けになるような情報が得られるうえ、実際に就職、転職するための情報を得たり、活動の際のサポートを受けられるサービスもあります。

どんな求人サイトでも同じ結果が得られるわけではなく、実際に利用した方が「良かった」と満足できるところもあれば、「希望通りでない職場を斡旋されてしまった」と後悔してしまうケースもあるといいます。

前者のような、利用者の満足度の高い求人サイトに登録できれば、自身のキャリアプラン、キャリアアップのための有効なツールとすることができます。色んなサイトを比較して、選んでみてください。

このページの先頭へ