イメージ画像

准看護師より正看護師の方が働きやすい?

看護師には准看護師と正看護師があります。まずはこの違いについてご説明しましょう。 准看護師も正看護師も試験に合格した人でなければなれないことに違いはないのですが、試験内容に違いがあります。 簡単にいうと、正看護師の資格を取る方が難しいです。それは国家資格だからです。

一方准看護師の場合は、都道府県知事から授与される資格です。 准看護師も正看護師も受験資格を得る為に、看護師の専門学校に通わなければなりません。例えば、4年制大学、短大、専門学校です。

しかし、准看護師と正看護師は同じ学校で学ぶわけではありません。それぞれに特化した学校で学ぶことになります。准看護師は準看専門の学校、正看護師は正看専門の学校とわかれます。

また、卒業にかかる年数も准看護師は2年間ですが、正看護師の場合は3年間かかります。 そして、それぞれの資格を取得するために受験します。 以前は准看護師の学校への入学は、中学卒業レベルの学力があれば楽に入れると言われていましたが、最近は手に資格を持った方が生涯有利だという考え方が強く、看護師資格を取得しようとする人が増えてきています。

ですから、准看護師の学校も受験の難易度が以前に比べて高くなって、簡単に入れない時代になってきています。これは正看護師でも同様です。

ここまでは、准看護師と正看護師の違いについて説明させて頂きましたが、実際の医療現場ではやはり格差があるのでしょうか?

准看護師の仕事内容は、医者や正看護師の指導の下で働くという表立ったルールはあるのですが、実際は正看護師と仕事内容は変わらないのに給与などの待遇になると格差がでるというケースも珍しくありません。

また、最近では男性の看護師も増えてきていますが、准看護師であるがために働きにくいと感じている方も結構いらっしゃいます。 看護師の世界はいまだに女性社会と言っても過言ではないほど女性の割合が圧倒的に多く、男性看護師は看護師全体の約1割未満しかいません。

このような現状から、男性看護師は肩身の狭い思いをしてる方も多いことでしょう。 例えば、正看護師の男性看護師であれば、まだ働きやすいのでしょうが、准看護師となると、見下されるケースも少なくありませんから、男性としてのプライドが傷つくこともあります。

ですから、准看護師の男性看護師は仕事が続かない方も多いと聞きます。 でも、せっかく看護師になる志を持って資格を取ったのに辞めてしまうのは勿体ない話です。今までの苦労が水の泡になってしまいます。

准看護師の方で正看護師との格差で嫌な思いをされているのであれば、いっそのこと正看護師の資格を取ってみたらいかがでしょうか。 准看護師から正看護師へとステップアップするために勉強されている方は少なくありません。また、准看護師撤廃の噂もあるので、将来を考えて正看護師の資格取得を目指して頑張っている方も多くなっています。

准看護師から正看護師になるには、学校の進学コースに2年間通う方法と、3年間の夜間コースに働きながら通う方法があります。 正看護師は国家資格なので、准看護師とは学習内容が違うことから、どうしても学習は必要になります。

確かに働きながら学校に通うことは大変かもしれませんが、正看護師の資格はそれだけ貴重なものです。 また准看護師として10年以上勤務歴があれば、学校に通わずとも2年間の通信教育を受ければ、正看護師の受験資格を得る方法もあります。

看護師として同じ仕事をするなら、待遇面が良いほうがいいに決まってます。それに正看護師は一目置かれるので、働きやすくもなるでしょう。 厳しい道かもしれませんが、正看護師を目指して頑張ってみるのもいいのではないでしょうか。

このページの先頭へ