イメージ画像

准看護師の派遣登録で気をつけたいのは?

「白衣の天使」とも呼ばれる准看護師や看護師。さわやかな制服姿と笑顔で患者さんに対応し、医師とともに人の命を助けるという仕事に、憧れを感じたことがある方は少なくないでしょう。

人命にかかわる責任ある仕事なので、その分やりがいは大きいと思われますが、診察・看護の状況や患者の具合に合わせてフレキシブルな対応が求められ、「精神的・体力的にハードな仕事」であることもまた事実です。

准看護師になるためには、正看護師と同様に専門学校で学び資格をとる必要があります。正看護師では3年、准看護師では2年の期間が必要となります。 これだけの時間を費やして努力し、多くの知識や技術を身につけて准看護師になったからには、病院などの医療現場でできるだけ長く働けるのが理想的ですが、なかにはそれが叶わないケースもあります。

勤務条件が厳しい、夜勤が多く休みが少ない、といった理由もあれば、正看護師と比較して准看護師の給与が低いことに対し不満を感じる場合もあるようです。

女性の場合、結婚や出産を機に離職する方も多いでしょう。子供が成長して復職した際にも、子供と過ごす時間がなかなか取れないことや、夜勤の対応について悩むという声も聞かれます。

そんなときに検討してみていただきたいのが「派遣」の准看護師として働く、という選択肢です。患者として見ているとなかなか気付きませんが、実は派遣の准看護師は医療現場で多く活躍しています。 病院からすれば、経験のある優秀な人材を、病院の都合に合わせて雇用できる派遣の存在は貴重です。

逆に准看護師から見れば「自分はこう働きたい」という具体的な条件に合った勤務先の紹介を受けられるのが、最大の魅力といえます。 派遣の准看護師として働くには、まずは派遣会社に登録しましょう。いくつかの会社がありますが、ほとんどの場合登録料無料なので、まずは登録して、紹介される勤務先を比較してみるのもいいですね。

登録時に一番気を配りたいのは「希望勤務条件」の内容です。「あんまり希望を出し過ぎるとなかなか勤務先が見つからないのでは」と、希望よりも低いハードルで登録をしてしまうと、せっかく働き始めても「やはり無理だった」という結果になりかねません。

この機会に、どのような条件ならば准看護師として働けるのかを改めて明確にし、条件登録することをおすすめします。不安なことや困ったことがあるときには、派遣会社の担当者に相談できるのが心強いですね。

パート・アルバイトと比較して時給が高めなのも、派遣の魅力のひとつです。准看護師の資格を生かしながら、自分の希望に合った勤務先を見つける手段として、まずは派遣登録をおすすめします。

このページの先頭へ