イメージ画像

特養で必要とされる准看護師の役割

准看護師の活躍の場のひとつに「特養」があります。特養とは「特別養護老人ホーム」の略称であり、介護を必要とする高齢者の方が暮らす施設です。

特養施設では、介護と同時に体調管理、医務的対応が日常的に必要とされます。そのため施設にとって、介護師とともに准看護師の常駐は欠かせないポイントとなっています。

准看護師であるからといって、バイタルのチェックや点滴、投薬などの医務的な業務だけを行うわけではなく、特養のいちスタッフとして、リハビリを手伝ったり、入浴や排せつの介助なども、ほかスタッフと連携して行います。

大勢の患者の診察や看護など、医療に忙しい病院での勤務とは異なり、特養では、症状の重くない高齢者の方々やそのご家族の方たちとコミュニケーションをとることも、重要な仕事のひとつです。

辛い痛みを取り除いたり、症状を抑えていく役割を担うため、入居者の方たちに感謝されることも多く、そういったときに准看護師としての「やりがい」を感じられるようです。

勤務するとなれば気になるのが「シフト」ですが、特養施設で多く見られるのは朝勤・昼勤・夜勤の三交代制です。24時間体制でも、しっかりと時間帯が分けられているので、病院のように「残業が多くてしんどい」という心配は要らないようです。

勤務先、転勤先として特養を選ぶ際に注意が必要なのは、求人要件として「ある程度の臨床経験」が必須とされる、という点です。

特養施設では、病院での勤務時のように「ほかの看護師とチームを組み指導を受けながら仕事を覚える」のではなく、すぐに医務的行為が行える即戦力として、施設全体の要介護の高齢者たちを診ていく必要があります。

そのため、准看護師になったばかりの、経験のない新人スタッフでは、戦力とすることが難しいのです。 多くの施設では、大体2・3年程度の医療施設での臨床経験を採用条件に掲げています。

したがって、病院勤務の方の転職として特養勤務を希望するパターンが理想的ですが、未経験の方でも「どうしても特養で働きたい」となれば、求人数はかなり限定されますが、未経験者採用が可能な特養を探してみてください。

准看護師として特養で働くメリットとして、先にあげたような「やりがい」があること、入居者との心のふれあいを感じられること、高齢化社会がますます進行する日本では、将来的にも需要の高い仕事であり、勤務経験を自身のスキルとすることが可能なことが挙げられます。

こちらの看護師求人比較サイトで情報収集する際には、ほかの転職先と合わせ、特養施設もぜひ検討先に加えてみてください。

このページの先頭へ