イメージ画像

准看護師の求人・転職に強い求人サイトは?

現在の職場に不満を抱いていて転職したいと考えている准看護師の方もいらっしゃるでしょう。 「いっそ給料は安くても楽な職場がいいかな‥」と思ったら大間違いです。 給料が低いから仕事が楽ということは必ずしも言えません。
准看護師に強い求人サイトは?

「仕事は異常に忙しいのに、安月給」という職場も実際にあります。逆に「給料は高いけど、仕事はそこまでキツくない」という職場もあります。 病院も経営者の方針によって、看護師の扱いにも差がでてきます。ですから、一概に何処がいいとも言い切れませんが、診療科で選択した場合、准看護師の求人先で人気があるのは心療内科クリニックでしょう。

心療内科は内科と名称はついていても、心を病んだ患者さんのカウンセリングが主体になっています。入院施設がないので、夜勤は当然ありませんし、残業もほとんどありません。その割りに給料はいいので、人気のある求人先です。しかし、同じ診療科でも入院施設のある精神科になると大変です。排泄の手伝いを含む介助の仕事もしなければなりませんので、結構大変な業務内容になります。
国立病院機構 三重病院

また、企業内の医務室や保健室勤務も定時で退社できるし、夜勤は勿論ありませんからオススメです。また、企業の正社員扱いになるので、仕事が楽な割にはいいお給料を貰えるケースが多いです。ただ、競争率が高いのが難点です。 最近は高齢化が進み、デイサービスなどの求人も結構ありますが、経営状態が悪化しているデイサービスも少なくないので、お給料は安いと思っていた方がいいでしょう。

そして、仕事内容は看護業務以外に介護業務もさせられるケースが多いので、肉体的にもハードです。また、介護士と上手く噛み合わないこともあり、人間関係でのストレスがあるとも聞きます。 「お年寄りが好きだからお世話したい」という生半可は気持ちでは勤まらない厳しさがデイサービスにはあります。

次に注意点として挙げるなら、准看護師は求人先に制限があるということです。 いわゆる正看護師しか採用しない職場があります。 特に准看護師は募集対象外という制限は、国公立病院に多く見られます。

新卒の受け入れも正看護師のみという国立病院もあるほどですから、准看護師に対する偏見が未だに残っていることは否めません。国公立病院に就職すると公務員扱いになるので、転職先として人気はあるのですが、准看護師の場合は書類審査の段階で落とされるケースもよくあります。

また残念なことに、民間病院でさえ准看護師に対して偏見を持っている人事担当の方もいらっしゃいます。そういう考えならば、始めから「正看護師募集」という内容で求人すればいいものを、「看護師募集」と求人をかけるので、応募される准看護師の方も当然いらっしゃいます。

実際にそのような求人に応募された方が、准看護師だからという理由で断られたケースもあります。実に失礼な話です。 更に最悪なのは、採用するのは正看護師のみと決めているのに、建前上、採用しないとわかっていながら准看護師も面接するというケースです。初めから採用する気がないのなら、応募した段階で断ってもらった方が貴重な時間を無駄にせずにすむので、まだマシかもしれません。

以上が、准看護師求人を探す時の注意点ですが、准看護師も正看護師と同様の仕事をしているにもかかわらず資格の違いから偏見を持たれることがあるのは実に嘆かわしいことです。 そんな状況がいまだにある以上、個人で転職活動をする際に嫌な思いをすることがないとは言い切れません。

それだったら、看護師専門の転職支援サイトで転職活動をした方がずっといいでしょう。看護師専門の転職支援サイトには、専門コンサルタントがいますので色んな相談もできますし、良いアドバイスを授けてくれます。 また、非公開の求人情報を扱っているのもオススメする点です。

一般公募ではお目にかかれない条件の良いものは応募が殺到するのを予測して、病院や企業側が非公開求人として転職サイトに依頼していることが多いからです。一度ご利用されてみてはいかがでしょうか。

看護師が転職するなら30代がベストタイミング!

30代になって転職を検討する看護師も少なくありません。 しかし、20代の頃に比べて体力に衰えを感じ始め、飲み込みも遅くなってきたような気がして、前向きに転職を考えられない人もいます。

転職となるとネガティブになりがちですが、30代の看護師の転職は最もベストなタイミングだと言っても過言ではありません。 なぜなら、定年まで働くことを考えたら、30代は長く働けるとして評価されますし、20代よりも多くの経験を積んでいるので即戦力としても期待できます。

もっとスキルアップして最前線で働きたいなら大学病院や総合病院がいいでしょう。 大学病院なら症例も豊富ですし、経験を積むにはベストな環境です。

転職して家庭と仕事を両立させたいなら、クリニックがオススメです。 高いスキルが求められないので、臨床経験に自信のない看護師にも最適です。 しかし、クリニックによっては処置なども任されるので、クリニックの情報をよくチェックしてから応募しましょう。

夜勤のない仕事がしたいならCRC、勤務時間や休日などの条件を優先したいならデイサービスが適しています。

30代の看護師はまだまだ体力があり、即戦力になるとして病院から重宝される人材です。 転職したばかりの頃は慣れるまで大変ですが、今までの経験を活かせる分、有利だと思ってプラスに考えましょう。 また、コミュニケーションも円滑に行えるとして、看護師だけでなく患者さんからも頼りになる存在です。

しかし、30代になると家庭を持っている人が多く、子育てや家事に追われており、職場にも理解してほしいと思っている人もいるでしょう。 そこは過剰に心配しなくとも、女性が多く活躍している職場なので、理解を得られるかと思います。

面接で暗い印象を与えたり、コミュニケーション能力が低いと判断されたら、どれだけ経験を積んでいても採用されない可能性が高いです。

経験があまりなく、ブランクがあっても、明るい印象を持たれる人は採用されやすいので、そういった雰囲気作りを心がけて面接に挑みましょう。

20代の看護師の転職は歓迎される!?

20代での転職は不利になると思っている人が多いのですが、一概にそうとは言えません。 一般の企業であれば、たしかに20代の転職はあまり良い印象が持たれないでしょう。 しかし、看護師となると話は別です。 実際に、20代のうちに転職を成功させた看護師がたくさんいます。

もし、次は私生活を充実させたいと思っているのなら、クリニックがいいでしょう。 規模の小さいところなら、採血ができるくらいのスキルがあれば問題ありません。 残業も少なく、総合病院などと比べても忙しくない傾向にあります。

スキルアップしたいのであれば、大学病院や総合病院がオススメです。 20代でスキルアップを希望して転職する人も珍しくありません。

夜勤ができない・したくない人や服装と髪型を自由に楽しみたい人はCRCがいいでしょう。 臨床経験があれば問題ありません。

20代の看護師は体力があり、長期間勤務できる人材として重宝されます。 やはり30代以降の看護師と20代の看護師を比べると、20代のほうが長く働けると判断されます。 面接の時には長期で働きたいことを前面に出すことをオススメします。

また、ベテランの看護師とは違って、病院や先輩の看護師の方針に対して柔軟であり、アドバイスに対しても素直に受け入れる傾向にあります。

その為、他のスタッフと円滑に連携が取れますし、適応力があるということで、20代の看護師を欲しがっている病院がたくさん存在しています。

しかし一方で経験不足が否めません。 これをデメリットと考えず、先ほど挙げた多くのメリットをアピールして転職を成功させましょう。

逆に、転職に失敗しやすい20代の看護師の傾向を紹介しておきますね。 「またすぐに辞めてしまうのでは?」という印象を与えるのはNGです。

女性の看護師であれば結婚や妊娠を機に退職してしまうことが危惧されるので、もし面接で聞かれたら「自然の流れに任せる」といった曖昧なことを言わず「まだその予定はない」「考えていない」と答えたほうが無難です。

このページの先頭へ